「くりっく株365」では、建玉を保有し続けることにより金利相当額・配当相当額の受け払いが発生します。
金利相当額・配当相当額は、市場の実勢を勘案し、東京金融取引所が毎日決定します。また売り・買いの区別はなく、一本値となります。

※金利相当額については、ポジションをロールオーバーした際に発生します。
※配当相当額については、権利付最終日にポジションをロールオーバーした際に発生します。

  買いポジション 売りポジション
金利相当額 支払い 受取り
配当相当額 受取り 支払い

金利相当額について

「くりっく株365」では、売りポジションを保有している場合、反対売買をせずに決済日を日々繰り越す(ロールオーバー)たびに、金利相当額が付与されます。なお、買いポジションを保有している場合は同額を支払います。金利相当額の付与日数等は以下よりご確認いただけます。

買い方 売り方
買い方は金利相当額を支払います。
これは、株価指数を構成する銘柄を保有するにあたっての資金調達コストに相当します。
売り方は金利相当額を受取ることができます。
これは、株価指数の構成銘柄を売却することにともなう資金運用益に相当します。

各商品の適用金利

商品名 適用金利 備考
日経225証拠金取引 円金利 日銀により決定された無担保コール翌日物誘導目標
NYダウ証拠金取引 外貨金利 先物市場価格から取引所が算出する金利
DAX証拠金取引
FTSE100証拠金取引
  • 外貨金利は、1週間の先物市場価格を基に、東京金融取引所が算出します。週の第1取引日に、同取引所「くりっく株365」ホームページに掲載される予定です。
  • 上記の外貨金利を用いて、日々の金利相当額を算出します。金利相当額は、東京金融取引所ホームページに掲載される「相場表」にてご確認いただけます。

配当相当額について

現物株式取引で買い方は、保有している株式にかかる配当金を企業から受取ることができます。
これと同様に「くりっく株365」では、買いポジションを保有している場合、株価指数の構成銘柄に配当相当額があれば、その都度、株価指数ベースでの配当相当額が付与されます。なお、売りポジションの場合は同額を支払います。
配当相当額は、予想配当に基づいて東京金融取引所が算出し、権利付最終取引日の翌取引日に付与されます。権利付最終日につきましては、以下よりご確認いただけます。

※権利付最終日が米国ニューヨーク州サマータイム非適用期間かつ欧州サマータイム非適用期間の場合は朝6時です。

「くりっく株365」の金利や配当相当額の仕組み

「日経225先物」や「日経225mini」などの先物価格には、「金利」と「配当相当額」があらかじめ織り込まれているため、取引価格が原資産である日経平均株価と異なります。

「くりっく株365」の日経225証拠金取引では、こうした「金利」と「配当」に相当する額を買い手と売り手の間で日々受け払いすることで、原資産である日経平均株価に、より近い価格で取引することができます。
また、配当が発生した銘柄は、権利付最終日の翌日に株価が配当金の額だけ値下がり(配当落ち)するため、「くりっく株365」の日経225証拠金取引の取引価格も理論的には値下がりします。

「くりっく株365」において売りポジションを保有している投資家は、配当相当額を支払いますが、配当落ちによって取引価格が理論的に値下がりするため、必ずしも損をするとは限りません。

注意事項

  • 金利相当額の支払い額が、配当相当額の受取り額を上回る場合があります。
  • 「DAX証拠金取引」については、配当相当額が発生しません。
  • 現物株を保有する株主に与えられる株主優待等の株主権は「くりっく株365」には適用されません。
  • 配当相当額は、予想配当相当額に基づき東京金融取引所が算出します。

過去の配当相当額実績

配当相当額実績については、下記からご確認ください(東京金融取引所ホームページ)。