お取引いただく外貨と円貨の金利差をスワップポイントとしてお客さまと受け払いさせていただきます。なお、スワップポイントは、市場の実勢を勘案し取引所が毎日決定します。また売り・買いの区別はなく1本値となります。
スワップポイントは三京証券くりっく365取引画面【照会】-【相場表】または取引所「くりっく365」ホームページでご確認いただくことができます。

スワップポイントとは

金利が異なる2国間の通貨の売買によって発生する、2国間の通貨の金利差のことをいいます。 例えば、米国のほうが金利水準の高い際に、米ドルを買付、日本円を売却した場合、米ドル金利の受取り、日本円金利の支払いとなり、スワップポイントはお客さまの受取りとなります。
逆に、米ドルを売却、日本円を買付した場合、米ドル金利の支払い、日本円金利の受取りとなり、スワップポイントはお客さまの支払いとなります。

スワップポイントの発生

反対売買をせずに決済日を日々繰り越す(ロールオーバー)たびに、スワップが発生します。
為替取引は通常、取引日の2営業日後に受渡し行う取引となっており、スワップポイントについても受渡日ベースで日数計算され、決済の2営業日後に証拠金預託額に反映いたします。

注意事項

  • クロスカレンシー取引の場合も、対円通貨ペアと同様、スワップポイントは受渡日ベースで日数計算され、決済の2営業日後に証拠金預託額にクロス通貨で反映されます。なお、建玉決済を行うまで、スワップポイントは、クロス通貨の対円の基準価格でリアルタイムに変動します。建玉決済した場合は、建玉決済日の値洗い後に清算価格が確定します。

月曜日から火曜日にロールオーバーした場合
月曜日に新規建玉(「ポジション」ともいいます。)を行い、火曜日に決済をした場合、スワップポイントは月曜日から火曜日にポジションをロールオーバーすることによって発生します。月曜日の取引の受渡日は水曜日、火曜日の取引の受渡日は木曜日であることから、授受できるスワップポイントは水曜日から木曜日までの1日分となり、火曜日の決済の2営業日後、木曜日に証拠金預託額に反映されます。

水曜日から木曜日にロールオーバーした場合
水曜日に新規建玉を行い、木曜日に決済をした場合、スワップポイントは水曜日から木曜日にポジションをロールオーバーすることによって発生します。水曜日の取引の受渡日は金曜日、木曜日の取引の受渡日は月曜日であることから、授受できるスワップポイントは金曜日から月曜日までの3日分となり、木曜日の決済の2営業日後、月曜日に証拠金預託額に反映されます。


  • 「くりっく365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している取引所為替証拠金取引の愛称として使用するものです。
  • 「くりっく365ラージ」は、株式会社東京金融取引所の商標であり、同取引所が上場している取引所為替証拠金取引におけるラージ取引の愛称です。
  • 「取引所FX くりっく365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標です。
  • 三京証券は、株式会社東京金融取引所の「くりっく365」取引参加者である岡三オンライン証券株式会社から指定を受けた、取次業者です。