9月12日のレート配信の不具合に関するご報告

2019年9月12日、「くりっく株365」および「くりっく365」において、一時的にレート配信が止まる障害が発生したことにより、お客様に大変ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。本障害の原因等につきまして、下記の通り、報告をさせていただきます。

障害の概要

同日22:00:58~23:08:43の間、「くりっく株365」および「くりっく365」の取引画面において、下記銘柄のレート配信が止まり、更新されない事象が発生しました。

くりっく株365 くりっく365
DAX
FTSE100
NYダウ
米ドル/円、ユーロ/円、カナダドル/円、NZドル/円、トルコリラ/円、ノルウェークローネ/円、 香港ドル/円、スウェーデンクローナ/円、 ユーロ/米ドル、英ポンド/スイスフラン、豪ドル/米ドル、
NZドル/米ドル、英ポンド/豪ドル、ラージユーロ/円、ラージ豪ドル/円

障害の発生と復旧までの経緯

同日22:00頃、東京金融取引所(以下、TFXとします。)の一部サーバーにて障害が発生、TFX側で予備サーバーへの切り替えを行ったため、2つのうち1つのセッションにおいて当社システムとの接続が切断されました。
その後、セッションは自動で再接続されましたが、当社システムからTFXサーバーに対し、レートを含む相場報道要求が行われなかったため、切断されたセッションに接続していた上記銘柄のレートが更新されない状態となりました。
同日23:08、切断されていたセッションにおいて、相場報道要求を行ったことにより、通常どおりにレートが配信・更新されていることを確認しました。

障害の原因と対策について

TFXのサーバー障害に起因しますが、レート配信が停止した要因としましては、両方のセッションが切断された場合は、自動で相場報道要求が行われる設定になっていましたが、片方のセッションのみ切断された場合には、自動で再送要求が行われる設定になっていなかったことによるものです。
更にレート配信停止の検知が遅れた要因としましては、上記以外の銘柄については、通常どおりレートが配信・更新されていたため、障害発生の検知および復旧までに時間を要することとなりました。

同種のシステム障害に対する改善策として、片方のセッション再接続時においても相場報道要求を行うよう改修を行います。また、TFXと当社との通信に使用している2つのセッションにおいて、セッション毎にレート停止をチェックするよう監視項目に追加します。

ご利用のお客さまには、大変ご迷惑をおかけしましたことを改めて深くお詫び申し上げると共に、今後このようなことのないよう努めてまいります。これからも何卒宜しくお願い申し上げます。